有限会社 三州ルーフ

愛知県安城市を中心とした三河地方の屋根リフォーム・瓦葺き替え・
雨漏り対策などの屋根修理を致します|三州ルーフ

rss

HOME»  ブログ記事一覧»  東日本大震災 被害報告書を読んで»  東日本大震災 被害報告書を読んで 1

東日本大震災 被害報告書を読んで 1

東日本大震災 被害報告書を読んで 1

東日本大震災の被害報告書を読んで今回はそこから見えてくる物をもとに学び、今後に生かせる事を読み取って自分の思いを紹

介してきいたいと思います。

資料は(一社)全日本瓦工事業連盟 ページより入手できます。

ここ愛知でも巨大地震の心配がありますが、地震対策にどうしたらいいか?

参考にして頂きたいと思います。

東日本大震災の被害住宅の概況(東北南部、関東北部地域)

①震度の割に倒壊した住宅は少ない 
②築年数の古い住宅に多い 
③地盤の弱い土地に建っている住宅に多い 
④屋根の棟部に多い(棟の一部または全部が被害) 
⑤被害の発生率は地域差がある 
⑥住宅は屋根以外でも壁やサッシなどで被害が発生

概況と先日のセミナーの内容からも瓦が重いからと言う理由の倒壊被害が多いという事ではないことがわかりました。

そして築年数の古い住宅(昭和56年前の耐震基準)に対して屋根の部材、重さに関わらず、建物の耐震性能を見直す必要があると思い

ます。

耐震新基準(昭和56年以降の耐震基準)で建てられた建物での住宅倒壊被害は震度の割に少ないのではないかと思われます。

熊本での震災では倒壊被害が多かったのは地震系数値が低かったと言われています。

日本の地域によって地震の多い地域、地震の少ない地域の耐震基準になる数値異なることに問題があるのではないでしょうか。

瓦で被害が多いのは調査からも棟部に多い。平部に少ないのは阪神淡路大震災以降に土葺きが見直され引っ掛け工法に移り替わった

影響もあるのでしょう。

鳥取県の震災の被害映像を見られて方も多いと思いますが、棟に使用していたのは土、屋根に土ぼこりが見られました。

そして瓦も進化して軽量、防災強化され、製品としては最強の瓦になっているのはないかと思います。

東日本大震災以降に求められているものは正しい施工知識(ガイドライン工法)と技術、業者選びが求められている。

次回は資料P4以降の内容で更新します。

更に掘り下げた問題点、今できる事見えてくると思います。

 

2017-03-07 15:52:56

東日本大震災 被害報告書を読んで   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント