屋根リフォーム

  • HOME
  • 屋根リフォーム

屋根リフォームの大切さ

当社では、屋根の劣化、耐風・耐震対策、外観のイメージを変えたいなど、屋根に関しての様々なご要望や相談を受け付けております。

屋根は普段あまり見えない場所ですが、直接日差しや雨風を受けている部分です。 長い時間を過ごす大切なお住まいですので、是非一度ご確認ください。
定期的な屋根のメンテナンスはお住まい全体の寿命を伸ばしてくれます。

屋根リフォーム例


岡崎市 D様邸

長年の雨漏りにより補修を重ねてきましたが、
いよいよ手の付けられない状態になり依頼を受け葺き替えの工事をしました。

野地の痛みも激しく、垂木まで交換が必要となりました。

岡崎市 D様邸
岡崎市 D様邸
岡崎市 D様邸 before
岡崎市 D様邸 after

 

 


岡崎市 S様 地震で屋根が崩れる心配を解消

地震の心配で棟のを軽量と屋根の耐震施工で行いました。
地震で特に被害を受ける棟部分などを補強工事を行い、屋根の軽量にもなりました。

ここは寒い地域で棟の土が凍いました。

工事は棟の解体を行い鬼瓦を下ろしました

棟の段数も低くし、瓦が落ちない施工をしました。

化粧棟も撤去してスッキリ。

外観はには大きな変わりが無くても今の施工は大きく施工方法が変わりました。

屋根リフォーム例 Before
屋根リフォーム例 After

 

 


安城市 T様邸 長年の悩みの種

瓦の下に水が入り下地を腐らせ、雨樋が垂れ下がっていました。
垂木、鼻隠しも腐っていたため交換し、この際トップライトも撤去いたしました。
異変に気が付いたら早めの対応をいただくことで、被害を最小限に抑えることができます。

施工前トップライトンの水が瓦の下に
施工前トップライトンの水が瓦の下に
下地が垂木まで腐食してました
下地が垂木まで腐食してました
トップライトを外し葺き替え
トップライトを外し葺き替え




東海市 A様邸 屋根軽量耐震工事(施工前重量約8t → 施工後重量約3.5t

屋根は土を使った施工でした。土葺きで平部、棟部が施工されていました。
棟は隅棟で4段と冠、水平棟で7段と冠でした。
施工前の重さ 内訳 瓦が約4.5t 土が約3.5t
施工後の重さ 内訳 瓦が約3t その他副資材が約0.5t

約4.5tの軽量 施工前の 半分以下の重さ になりました。

棟部
棟部

強力棟金具使用
冠瓦ビス止め
モルタル(特殊シリコン防水材配合)
土不使用で強度増
漆喰剝がれなし

平部
平部

桟瓦ステン釘全打ち
軽量瓦使用(坪26kg軽量)

軒部
軒部

ビス止め
ステン釘2本

 

 

豊川市 K様邸

棟違い屋根漆喰が剥がれて水が浸入、裏鬼(瓦)を使用することで、棟と一体でメンテナンスが不要に

東海市 A様邸 Before
東海市 A様邸 After

屋根リフォームの施工方法

葺き替えについて

屋根の撤去工事

野地貼り増し or 部分張替え工事

ルーフィング(防水紙)敷き工事

本体屋根工事

廃材処分

工事完了

カバー工法について(カラーベスト)

ルーフィング(防水紙)敷き工事

本体屋根工事

廃材処分

工事完了